2輪+山

MTB/MOTORCYCLE/SNOWBOARDING 安全第一!!

WR250R タイヤ交換 純正TW302 ⇒ AC10

タイヤ減って滑りすぎてどうにもならなくなってきたのでタイヤ交換してみました。

純正ブリジストンTW302 ⇒ ミシュランCROSS AC10(サイズ100/100-18 M/C 59R)

f:id:tuit:20170807160226j:plain

 

で、タイヤ交換開始。

 

バルブ根本サビサビですが空気漏れてないのでとりあえずOKって事にしましょう

f:id:tuit:20170807160232j:plain

 

モーションプロ Bead Buddy II

なぜ今までこんな製品がなかったんだ!!ってぐらい良い!!

ここにはリンク貼りませんが、自分でタイヤ交換する人はぜひぜひ買って下さい。

f:id:tuit:20170807160238j:plain

 

装着。オフ車っぽくてすてきです。

f:id:tuit:20170807160242j:plain

 

そしてタイヤ交換終了。後輪外すついでにいろいろ掃除したり、準備に手間取ってたら2時間ぐらいたってました。慣れれば1時間はかからなそうですね。

ヘビーチューブとビードストッパーは今回つけないで、タイヤ交換だけで様子見です。

タイヤ交換についてはもっと詳しく丁寧に書いてるサイト見てくださいな。

 

さっそく試走。

 

アスファルト

ブロックがグニグニと捩れてる感触が伝わってきますが

車の流れる速度程度だと不安はありません。ただ、バイクを深く寝かせるのは躊躇します。TW302の時のように峠道でちょっと頑張ってみようとか全然思わないですね。

 

*オフロード*

めちゃめちゃグリップします!

いままでTWでスタックしまくって、もがいて脱出していたあの苦労はなんだったんだ!ただのアホじゃないか!ってぐらい食いつきます。

今までスタックしまくって登れなかった場所が何事もなく登れます。

時々予想以上に食いつくので逆にビビってしまいます。

これが本当のオフロードバイクなのか!!

と一人でテンション上がりまくり気がつけば草の中にいました。

f:id:tuit:20170807160221j:plain

 

オンロードの楽しさが減って(というかほぼゼロ)になる変わりにオフロード楽しさが一気に上がりました。身近にオフロードとか遊べる場所があるならかなりオススメです!

しかし、このタイヤが本領発揮するのは整備されたメインの林道ではなく、荒れた支線や名もなきオフロードだと思われます。

ツーリングマップルに載っているような比較的整備された林道で支線に入らないならTWでもまったく問題なくて、遠くから高速を使って林道にアクセスするような使い方ならやはりTW302のようなオンロードよりのタイヤがベストかもしれません。

まったりお山サイクリング その1

f:id:tuit:20170723103516j:plain

雨が降る前に山へ走りに行ってきました!

草が成長して道が見づらくなっていたけれど幸せな時間を過ごせました。

やっぱりハードテールは急斜面よりも、緩斜面が断然楽しいですね。

さて、山を下るにはもちろん上る必要があります。登って下る。当たり前の事ですが常設コースのリフトやゴンドラばかり使っているとそんなことも忘れてしまいますね。

自走以外で登って下りも楽しいですが、自力で登って下る方がMTBで遊んでいる感じがして僕は好きですし、充実感もあります。

ただ、クロスカントリーとか完全に体力勝負みたいなやつなはやろうとは思わないですね~。下りがないと登る気にはなれません。

余談ですが、シマノバイカーズのMTBヒルクライム、Cコースを4.3km登りゴール後はゴンドラで自転車と下山するようです。下り一切なし!!なんと恐ろしい競技でしょうか。参加される方、本気で尊敬します。

KONA TIKA 2016

f:id:tuit:20170722202204j:plain

相方さんのMTB。Sサイズは27.5inchタイヤで、XSは26inchタイヤです。

女性向けのハードテールです。

ジオメトリはXCバイクと変わらないので登りとちょっとした下りもいけるバイクって感じかな。

僕が乗ってみるとプリロード最弱のセッティングでもフロントのサスが固い印象でした。

FOXのファクトリシリーズとの比較ですが(汗)

相方さんは常設コースもトレイルもコイツでガンガン行っちゃいます。ただ、富士見Cコースの一番下は滑るので行きたがりません。面白いコースなのに。

 

パーツ変更点

タイヤ・・・なぜかKENDAのシクロクロスタイヤ履いていたのでセール品のコンチネ      ンタルトレイルタイヤへ交換

ペダル・・・ソールへの食いつきよくするためFIREEYE HOTCANDYに交換

グリップ・・・純正ゴム薄かったのでESIGRIPへ交換

まずは、体とバイクの接点。地面とバイクの接点。のパーツから交換してみます。